小学生の制服にアルマーニ!ギャング風かどんなデザイン?

東京都下の小学校では、新学期が始まる4月から、超有名デザイナーの服が標準服に選ばれました。

対象となるのは新一年生であり、標準服の価格は、上下合わせて数万円にも上る見通し。

この決定を受け、保護者の間では不満が漏れているそうです。



小学生でアルマーニ?

この、一見常識を逸脱したような決定を下したのは、中央区銀座にある区立泰明小学校。

学校長の考えでは、ビジュアル・アイデンティティーが重要らしく、「服育?」としての教育理念があるのだとか。

あまり聞き慣れない教育手法ですが、彼なりの思いがこもっているのでしょう。

標準服をデザインするのは、バブル当時一世を風靡した超人気ブランドの、アルマーニです。

何でも、校長の理念に適った制服を色々なデザイナーに依頼したところ、快い返事をもらえなかったのが、そもそもの理由だとか。

ところが、アルマーにだけは快諾したようで、当初からアルマーニを標準服にと決めていたのではないと、弁明しています。

和田利次校長が保護者に送った文書では、泰明小学校は特認校制度の対象校であり、また銀座のブランドの一部でもあるそうです。

なるほど、高級ブランドが立ち並ぶ銀座では、たとえ子供と言えども、普通であってはいけないそうな。

今や、海外からのお上りさんで埋め尽くされているような町ですが、「まだまだ銀座ブランド強し!」と言ったところでしょうか?

いずれにせよ、校長の「服育」に対する考えは尋常ではなく、公立校にありながら、私立と変わらぬ教育方針をお持ちなようです。

参照元:https://otokomaeken.com/brand/28039

ヤクザか暴力団的センス?

もちろん、アルマーニと言えば、世界のセレブに愛されるブランド。

キャジュアルからフォーマルまで、多様なラインを揃えた、マルチデザインとしても有名です。

しかしながら、こと銀座を見渡せば、それは様々な職業の方がアルマーニを愛用されています。

アルマーニは、ジョルジョ・アルマーニ氏が手掛けたブランドで、イタリアのミラノにその本拠地を置く、今やコングロマリットの一つとして君臨中。

販売されているのは、服飾品だけに限らず、食品から化粧品までと、ありとあらゆる商品を扱っています。

事業の中にはレストランもあり、日本人シェフの松久信之(ノブ・マツヒサ)と提携した「ARMANI/NOBU」は、グルメの舌をとりこにしているようです。

そんな、世界的な企業にまで発展したアルマーニですが、バブル当時は、反社会勢力のユニフォームとしても脚光を浴びました。

デザイナーがイタリア出身だけに、マフィアとの癒着もありそうですが、反社会的勢力に加担していたのはむしろベルサーチの方だったようで、アルマーニ氏自身に黒いウワサは無さそうです。

とはいえ、そのシンプルでも飽きの来ないデザインは、多くのヤクザや暴力団員に愛されたのもまた事実。

各界のお偉方はこぞってアルマーニを着用したようですが、2018年では小学生までアルマーニを着ることになりそうです。



親にとってはさらなる負担

子を持つ親にとっては、何をおいても子供に贅沢をさせてみたいもの。

最近では、バカ親の育てたおバカなセレブ二世が持てはやされています。

「うちのパッパ、社長なんだ!」などといったのは、若大将シリーズに登場した青大将、田中邦衛さんのキャッチフレーズでした。

バカなお子様でも、金を使ってくれるのはありがたいことですが(商売をする人にとっては)、度が過ぎると逆に醜悪になりかねません。

もう少しスマートにやっていただきたいものですが、どうにもそこまでは教育が行き届いていないようです。

今回、アルマーニを採用する泰明小学校の児童に保護者も、ネジの緩んだセレブもどきにならないように、そこはしっかりとやっていただきたいものですね。

ただ、この小学校は公立校であり、私立のお坊ちゃんやお嬢さんとはわけが違います。

比較的、教育に熱心な、ごく一般的な家庭の児童も少なくないとか。

そこへ来て、上下でうん万円もするデザイナーズブランドは、彼ら保護者にとっては負担以外の何者でもなさそうです。

たかが公立小学校が、教育理念がどうだからとか、学校の立地環境かどうだとかで、一々制服に金をかけてもらっては、それを受ける親にとってはたまったものではないでしょう。

自分が運営する学校を誇りに思うのは立派でも、無理強いするのはいただけませんね。

校長のポケットマネーを叩いてくれるならまだしも、そのつけを親に委ねるとは、なかなかしたたかな野郎です。

終わりに

個人的には、アルマーニは好きなブランドです。

Hugo Bossはアルマーニの「パクリ」とも言われていましたが、「ミニマリズムにの美しさ」とでも言いましょうか、Simple is Beautifulを地で行くデザインだと思います。

特に、タキシードにおける美しさは、アルマーニ以外では到底味わうことのできない洗練性です。

それにしても、「小学生がアルマーニ?20年早いわドアホ!」というのが、世間様の本音ではないでしょうか?

小学生なら、ミキハウスがお似合いかと。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

/*目次*/