松山英樹選手フェニックスオープンでの三連覇達成なるか?

唐突ですが、ゴルフは好きですか?

私は、残念ながらゴルフはしません。

しかし、そんな私でも、2018年に開催される、ウェイストマネジメント・フェニックスオープンには俄然興味があります。

なぜなら、日本人プレーヤーの松山英樹選手に、このコースでの三連覇が期待されているからです。

ウェイストマネジメント・フェニックスオープンとは?

ウェイストマネジメント・フェニックスオープンと言えば、世界でも指折りの観客動員数を誇るゴルフイベント。

開催地は、アメリカ・アリゾナ州のスコッツデールにあるTPCスコッツデールです。

毎年2月の第一日曜日が最終日となるように、大会のスケジュールが組まれています(2018年2月1日からスタート)。

観客数は、たった三日間で65万人を優に超えるのだとか。

松山選手が優勝した2017年が記録となり、その数なんと65万5434人でした。

彼にとっては、2016年からの連覇がかかった試合でもあり、客員動員数にもかなり貢献したようです。

とにかく、この規模を見るだけでも、いかにこの大会が注目されているのかが分かります。

そんな中にあって、一人の日本人が大躍進を遂げているとは、何とも胸の空く思いではありませんか。

しかも、1932年以来続けられている、いわば歴史ある大会です。

私、恥ずかしながら、今回の報道を見るまで、ウェイストマネジメント・フェニックスオープンについては全くの無知でした。

ましてや、松山英樹選手が二連覇中だとは、ニュースを見て初めて知ったほどです。

彼の名前だけは知っており、新進気鋭のゴルファーだとは聞いていましたが、まさか海外でもこれほど話題に上っているとは……。

以前には、石川某と言う選手がいたようですが、今やすっかり陰に隠れてしまった様子。

なにぶん、好不調の浮き沈みが激しいプロの世界です、あのタイガー・ウッズ選手でさえ、不倫騒動以降は「ぱっ」としません。

そこへ来ると松山選手は、私のようなゴルフ音痴ですら魅了してしまうほど、安定した実力とカリスマ性をお持ちなようです。




賞金額がまたスゴイ!

ゴルフの賞金が、破格なのはご承知の通り。

とは言え、一試合で億以上の優勝賞金をかっさらう選手は、プロの中にもそうはいません(なるほど、格闘技の世界タイトルマッチでは巨額のファイトマネーが動きますが、あれは少々異質です)。

今大会での賞金総額は690万ドル、優勝者に与えられる賞金は、124万2,000ドル(約1億3500万円:1ドル109円で換算)となっています。

二位はその65%くらいに落ちますが、それでも10位以内に入れば、およそ2000万円の賞金を手にすることに。

それはまるで、国内ツアーで一勝を上げるくらいの額になり、参加選手もここが力の見せ所となるわけです。

そんな高額賞金を、二年も連続で独り占めしている松山選手は、これはただ者であるはずがありません。

大会三連覇がかかる今回、三度億越えの賞金を手にする事ができるのでしょうか?




大会の放送予定は?

これほど大きなイベントですから、テレビでの中継はしてもらわねば困ります。

多くのファンが、最終日のラウンドを、今か今かと待っているのですから。

そこで、日本でのテレビ中継があるのかどうかを調べてみました。

予定では、ゴルフネットワークとNHK-BSが生中継する予定です。

参照元:ゴルフネットワーク

2/4(日)

7:00~7:50 7:50~9:00

NHKBS1(BS)

PGAゴルフツアー「ウェイストマネージメント・フェニックスオープン」

▽3日目

2/5(月)

6:00~6:49 6:49~8:00

NHKBS1(BS)

PGAゴルフツアー「ウェイストマネージメント・フェニックスオープン」

▽最終日

フェニックスオープンをゴルフネットワークで視聴する場合は、既存の配信サービスに登録しなければなりません(スカパーやJ:comなど)。

平昌五輪選手村での食事事情 あの問題は解決したのか?

松山英樹選手の三連覇は可能か?

これだけは、神でもない私には分かるはずもありません。

ましてや、ゴルフに関してはずぶの素人。

予想するにせよ、誰が王者に最も近い位置にいるのかなど、見当も付きませんから。

ただし、国内外のウワサを拾い集めてみたところ、やはり松山選手に分があるのではないかと言われています。

しかしながら、三連覇を期待する重圧を気にするあまり、予想外の敵(この場合は彼自身の心理)に翻弄される可能性も無きにしも非ず。

ここは黙って、彼のプレーに注目すべきかと思います。

いずれにせよ、まだ25歳の若きゴルファーが、たった一人で臨むその道の頂点です。

話によれば、PGAツアーで三連覇が達成されるのは7年ぶりとか。

ここは、心を落ち着かせて、なみいる競合を打破してもらいたいものですね。

パラリンピックを侮るな!何気にスゴイ超人の祭典

終わりに

最近は、我が子をプロのアスリートに育てようとする親も少なくないようですが、松山英樹選手の御両親はさぞ鼻が高い事でしょう。

同じ日本人としても、彼を誇りに思います。

三連覇がなされれば、これに越したことはありません。

ですが、何よりも、今回のフェニックスオープンが、彼がさらに飛躍成長を遂げるための試合になることを願います。

がんばれ、松山英樹選手!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

/*目次*/