皆既月食2018 1月31日は東南東の空を見ろ!

皆既月食2018 1月31日22時は東南東の空を見ろ!

2018年も天体ショーがてんこ盛り!

先日の1月2日にも、夜空をこうこうと照らす満月が見えました。

そして、1月31日は、満月の上に皆既月食が重なります。



年初から満月が見られるとは、何ともラッキーな出発となった2018年です。

しかも、次の満月が皆既月食であり、天体マニアにとってはダブルで嬉しい月になります。

それでは、タイトルでも既に明らかですが、月食の日時と詳細について見てみましょう。

月食の日、時間、それと方角

2018年の月食が見られる日は、1月31日(水)です。

月食が始まる時間は、21時近くから(正確には20時48分)。

方角は、東南東の空です。

国立天文台、天文情報センターの発表では、20時48分から部分食が始まります。

本格的に皆既月食が始まるのは、21時51分から。

その後、月食が最大になるのは、22時29分だそうです(秒単位での誤差は除いています)。

そして、月食が終わるのが、23時08分になります。

天気予報によると、1月31日はおおむね晴れ。

特に、夜間の降水確率は0%と出ています。

以上を見やすくまとめると、

1. 部分食が始まるのが、20時48分から

2. 本格的な皆既月食は、21時51分から

3. 月食が最大になるのは、22時29分ごろ

4. 月食が終わるのは、23時08分ごろ

5. 雨の心配はなし(現時点では)

となります。

ビルの屋上や、建物の無い開けた場所で見ると、より一層はっきりと見えるかもしれません。

ビルの間から見る月食も、なかなかどうして味があります(映画のワンシーンのような)。

くれぐれも、月食の始まる時間を間違えないようにしたいものですね。

<参照元:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/01-topics04.html>

月食を見る前に覚えておきたいこと

天体ショーを見る場合に、忘れてはならないことがいくつかあります。

それでは、その注意すべき点を見てみましょう。

月食、見る前に

1. 長時間空を見上げない。

これは、あなたの健康についてです。長時間首を曲げて見上げていると、めまいや転倒の恐れがあります。月食には、30分以上の時間がかかりますので、同じ姿勢をキープせずに、時折首を元の状態に戻しましょう。

2. 道路のわきに寄って見る。

町中で月食に遭遇する場合、多くの人が空を見上げて動かなくなります。特に、道の真ん中で立ち止まるのは非常に危険です。できれば、歩道の端に寄るか、建物の脇に寄って見るようにしましょう。

3. 車やバイクや自転車に注意する。

あなたが立っている場所によっては、歩道から外れないと月が見れない場合があります。そんな時は、無理に車道などには出ずに、少し歩いて月が見られる場所まで移動しましょう。特に、自転車には気を付けて下さいね。

4. 他人の敷地に侵入しない。

撮り鉄ファンではありませんが、他人の敷地にまで入って月食を見るのは止めましょう。ほんの軽い気持ちでしたつもりが、警察沙汰にでもなっては大変です。月は、ほぼ全ての地域から見えるので、ご自身で最高のアングルを見付けて下さい。ルールを守るのが最低限のマナーです。

5. 防寒に気を付ける。

1月31日は、日中が11℃で、日が落ちると-7℃くらいにまで冷え込みます。室内から一望できれば素敵ですが、屋外で見るのなら防寒は必須です。特に、海の近くで見る予定がある場合は、普段よりも一枚多めに着込んでおくことをおすすめします(ディ二ー・ランドやディズニ・シーでは、さぞきれいな月食が見えると思います。しかし、ディズニー・リゾートは海のすぐそばですから、必ず温かい格好で行きましょうね)。




誰もが知りたい「皆既」の意味

月食は、いつも皆既月食ばかりとは限りません。

月の一部分だけが隠れる状態を、部分月食と呼びます。

月食とは、地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことであり、月の全ての部分が本影(地球によって太陽が完全に隠された部分)に入る場合を皆既月食(total eclipse)と呼ぶ。Wikipedia

そして、多くの人が知りたい、この「皆既」とは、「尽きる」と同じ意味になります。

「既」は、食べ尽すとか、飲み尽くすといった意味で使われることがあり、「皆」が付くことで全てを食い尽くすとなるようです。

終わりに

日食を見るには、特殊なメガネや装置が必要となりますが、その点月食は、見るのも簡単で楽と言えます。

しかも、夜空に繰り広げられる一大天体ショーだけに、昼間とは違って神秘的とも言えるでしょう。

カップルで見るもよし、一人で望遠鏡をのぞくのもよし、その楽しみ方はそれぞれです。

ただ、これは飽くまでも自然現象の一つであり、何かの前兆ではありません。

ともすると、おかしな方向に解釈する人もいるようですが、自然が生み出す奇跡の一つかもしれませんね。

あなたが、1月31日の皆既月食を、心行くまで楽しまれることを願っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

/*目次*/