ノイタミナでの放送大丈夫?アニメいぬやしきが超やばい!

ノイタミナでの放送大丈夫?アニメいぬやしきが超やばい!

いぬやしきがノイタミナで放送中

漫画の「いぬやしき」がアニメ(ノイタミナ)になって放送中!

既にご存知の方も多いと思いますが、このアニメはなかなか面白い(超やばい)です。

最初見たときは、「この絵はどうかな?」と思いましたが、見ているうちに違和感はなくなっていました。




原作は、「GANTZ」の奥浩哉氏。

GANTZも、かなりの個性派でしたが、この「いぬやしき」はさらに輪をかけて独創的です。

大友克洋氏原作の「老人Z」よりも、まだインパクトのある内容です。

ちなみに、「ノイタミナ」とは、英語のAnimationを逆から読んだ場合の日本語表記。

Noitaminaが「ノイタミナ」となって、日本独自のコンテンツとして発信されています。

このアニメの面白さ

何と言っても、奇想天外なストーリーに引き込まれます。

内容としては、一見ありふれたSFです。

ただ、主人公が58歳の風采の上がらない男性と、10代のイケメン高校生といった対比がユニークです。

常識的に考えれば、高校生と定年間近のサラリーマンに接点はありません。

ところが、偶然の事故で共通点が生れるところに、計り知れない現実味を感じさせます。

ネタをばらすと、UFOの墜落に巻き込まれて死んだ二人(58歳の男性と10代の高校生)が、ロボットとなって蘇生するわけです。

しかも、何があっても壊れない、潰れない、機能停止にも陥らないスーパーロボット(何でもありなところがまた超やばい)。

58歳の男性は、他人を助けるヒーローですが、10代の高校生は通り魔を繰り返す極悪人です。

劇中にはグロテスクな場面もあり、けっして爽快感ばかりとは言えませんが、概ね、この二人が行うことには共感出来ます(もっぱら、殺人はタブーでも、高校生は人間のダークサイドを表しているとも解釈できるので)。

はたして、ここまでの残虐行為を、深夜枠とはいえ、放送してもいいものかどうか、若干の疑問は残るでしょうね(子供が浴槽で溺〇するシーンとかは、倫理的にアウトみたいな気が……)。

最近のスーパーヒーローと言えば、「ワンパンマン」が人気です。

これまでとは違い、負けないヒーローであり、完全無欠のヒーローが受けています。

そういった点では、この「いぬやしき」も同じ部類に属するのかもしれません。

ケンカもしたことのない、事なかれ主義を貫いてきたような男性が、ある日いきなり超ド級のパワーを身に付けるのですから。

ヤ〇ザであろうがギャ〇グであろうが、この二人にかかれば、まるでゾウに踏まれるアリのよう。

全くなす術もなく、ただやられるのを待つばかり。

このヒーロー像(特に58歳の男性)が受け入れられない人も少なくないとは思いますが、とにかく視聴後の気分は上々です。




登場人物と声優

「いぬやしき」の主人公は、犬屋敷 壱郎(58歳の男性)に小日向文世さん、そして獅子神 皓(10代の高校生)に村上虹郎さんが、それぞれ声優を演じています。

俳優が声優を行う場合、多少は素人っぽさを感じますガ、今回はそう悪くもなさそうです。

特に、小日向文世さんの声の演技は、いかにも自信の無い、58歳で体もまともに動きそうにない男性を、ものの見事に表現しています。

巷ではかなりのブーイングが起こったようですが、回数を重ねるにつれて、理解者が増えているようですね。

ただし、正直なところ、あまり上手には聞こえません。

村上虹郎さんにしてみても、声優としては「ど」が付くほど下手です。

しかし、このアニメ(漫画)の絵とストーリーを知るにつれ、この人選で間違いはなかったように感じます。

もし、アニメーター学園などを卒業したプロの声優さんが演じていたら、かえって面白さが薄れていたかもしれません。

もちろん、これは私の個人的な主観です。

とは言え、やはり今回務める声優には、以上の二人が適役だと思います。

他の登場人物は、安堂 直行役の本郷奏多さん、犬屋敷麻理役を上坂すみれさん、そして渡辺しおん役を諸星すみれさんが演じています。

いぬやしきの放送時間

アニメ「いぬやしき」の放送時間は、以下のようになっています。

2017年10月12日よりフジテレビ”ノイタミナ”にて毎週木曜24:55から放送開始。
ほか各局でも放送。(初回放送は25:20から)

Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信
第1話:日本では10月11日(水)24:00頃より先行配信
第2話以降:日本では毎話フジテレビ放送開始1時間後より配信予定

放送局 開始日 曜日 放送時間
フジテレビ 10月12日 木曜 24:55〜
秋田テレビ 10月12日 木曜 25:20〜
岩手めんこいテレビ 10月12日 木曜 24:55〜
さくらんぼテレビ 10月12日 木曜 24:55〜
仙台放送 10月12日 木曜 26:00〜
福島テレビ 10月12日 木曜 25:55~
新潟総合テレビ 10月12日 木曜 25:45~
テレビ静岡 10月12日 木曜 25:35~
東海テレビ 10月12日 木曜 26:10~
関西テレビ 10月12日 木曜 25:55~
テレビ愛媛 10月12日 木曜 25:30〜
テレビ新広島 10月12日 木曜 25:55〜
テレビ西日本 10月12日 木曜 25:55〜
サガテレビ 10月13日 金曜 24:55〜
テレビ熊本 10月12日 木曜 25:45~
鹿児島テレビ 10月12日 木曜 26:00〜
北海道文化放送 10月15日 日曜 25:15~
長野放送 10月12日 木曜 25:30〜
山陰中央テレビ 11月20日 月曜 25:25〜

12月8日現在で、ちょうど10話が終わったところです。
この先もまだまだ続きますので、ぜひご覧下さい。

終わりに

やはり「GANTZ」の原作者だけあって、脈絡のない、突然降って湧いたような話に引き込む上手さは格別です。

おそらく、作者がやってもやれないことを、登場人物にさせているのでしょうね。

漫画は、それほど長くは連載されなかったようですが、十分に楽しむ事ができる作品です。

ノイタミナで放送中のアニメから入るもよし、コミックスから入るもよし、どちらも期待を裏切らない絵とストーリーに仕上がっています。




にほんブログ村 動画紹介ブログ いろいろな動画へ

/*目次*/