クリスマスツリーを組み立て式の折り紙で作ってみた!

クリスマスツリーを組み立て式の折り紙で作ってみた!

クリスマスツリーを折り紙で

今年もクリスマスがやって来ます!

クリスマスと言えば、クリスマスツリーがつきものですが、一人暮らしにツリーは邪魔なもの。

そこで、机の上にも置けて、友達にもプレゼントできる、折り紙で作る組み立て式のクリスマスツリーをご紹介します。




折り紙で作るクリスマスツリーは、本物と比べるとかなりのスケールダウン。

どれだけ上手に作っても、ちゃっちいのは変わらない!?

でも、ご心配なく。

今回ご紹介する折り紙バージョンは、ちょっと驚くほどの出来栄えです(しかもなんと組み立て式)。

ただ、あまり簡単ではありません。

折ってはひっくり返して、筋を付けては折り込みの繰り返し。

とは言え、この作業をこなすだけで、誰にでもキレイな折り紙のクリスマスツリーが作れます(何と言っても組み立て式ですから)。

作り方は二通り 

今回は二つの動画をご紹介しています。

どちらの折り方を選んでも、今までに見たこともないような、折り紙ツリーが出来上がります。

実際に、動画で手順を示してくれるので折り間違いもありません。

好きな色の紙を選んだら、さっそく自分だけのツリーを作りましょう。

ツリーは組み立て式になっており、いくつものパーツに分かれていますから、暇なときにでも少しずつ作りだめしておけます。

接着剤も要らず、ハサミやカッターナイフも要りません。

全ての工程を指だけを使ってできるのが、何と言ってもこの折り紙クリスマスツリーの強みです(しつこいですが組み立て式)。




必要な物

折り紙のクリスマスツリーを作るのに、必要な物はたったの二つ。

一つ目は、あなたが選ぶ(使いたい)紙

どんな紙でもかまいませんが、できれば、クリスマスを感じさせてくれる色やデザインがいいでしょう。

キレイなツリーを折るのなら、少し厚めの紙がいいかもしれません(基本的には市販の折り紙か、千代紙が最適です。ちなみに、千代紙も折り紙ですが、「和製の折り紙」をこう呼びます)。

もう一つは、あなたの指です

手が大きい人は若干大きめの紙を使って、指の細くてきゃしゃな人なら、小さめの紙を選びましょう。

少々爪が伸びていても大丈夫、むしろ爪がある方が折りやすいかもしれません。

全てのパーツが折れたなら、あとは小さなパーツを大きなパーツの上に付けるだけ。

木の幹も装着できて、まさに組み立て式のクリスマスツリーです。

おまけ

折り紙のような細かい作業は苦手だという人のために、マスキングテープで作るクリスマスツリーもご紹介しておきます。

数年前に、テレビのニュースでも取り上げられたそうですが、マスキングテープで描く絵と同じです。

いくつかの作品を写真に収めてありますので、まずはそちらをご覧いただいて、イメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

クリスマスツリーと言うには少々ミニマル過ぎますが、一人暮らしの部屋を飾るには悪くないかと。

マスキングテープの種類によっては、壁を汚さずにはがすことも可能です。

一日限りのパーティーをするにも、ちょっとしたデコレーションとして使えます。

おわりに

折り紙で作るクリスマスツリーは、飾るだけではなくプレゼントにも最適です。

プレゼントとはまた別に、細かな作業で作られたツリーは、心のこもった贈り物にもなります。

ぜひ、この機会に、クリスマスツリーを折り紙で作ってみてはいかがでしょうか。

最後に、もう一度だけ言わせて下さい。

このクリスマスツリーのいいところは、それが組み立て式だから。

パーツをバラバラにしてプレゼントすれば、もらった人は組み立てる面白さも味わえます。




にほんブログ村 動画紹介ブログ いろいろな動画へ

/*目次*/