シン・ゴジラのメイキング映像☆第二形態が超キモイ!

シン・ゴジラのメイキング映像☆第二形態が超キモイ!

2016年の大ヒット映画、「シン・ゴジラ」が話題になっています。

11月12日に地上波で放送されたらしく、その圧倒的な迫力に、多くの人が感動した模様です。

ハリウッドでもリメイクされるほどの人気であり、少々形は異なりますが、日本が生んだゴジラのコンセプトを継承しています。




ハリウッドでは続編が制作進行中

近々、2014年にハリウッドで制作された「GODZILLA: ゴジラ」の続編が、新たに「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」となって復活します。

公開は、2019年に予定されていますが、あらすじなどはまだ発表されておらず、またどんな作品になるのかなども全くの秘密です。

ただ、聞くところによると、日本のゴジラ映画に登場した怪獣が出演するらしく、ファンの間ではかなりの評判になっています。

本作に登場するのは、キングギドラ、モスラ、それにラドンとなるらしく、まるで1964年に公開された「三大怪獣 地球最大の決戦」の再来となりそうです。

シン・ゴジラのメイキング映像

今回お見せするのは、「シン・ゴジラ」のメイキング映像で、ゴジラが進化する様子もご覧いただけます。

個人的には、第二形態が超気持ち悪く、これがあの「ゴジラ」映画とは、最初は信じられませんでした。

「新世紀エヴァンゲリオン」を手掛けた庵野監督だけあって、ゴジラが上陸して進化する過程が、とにかくキモイ(エヴァもかなりキモかった)!

しかし、そんな超絶キモイ怪物が町中を這いずり回る姿でも、なぜか期待を込めて見てしまうのが、この映画のすごいところかもしれません。

進化を終えた(まだ進化の途中だと思いますが)ゴジラの姿も、何かこれまでとは違い不気味です。

はっきり言って、目がいってしまっています(何か薬中の人間の目のような)。

普通なら、メイキング映像は夢を壊しかねないので、あまり好きではないのです。

が、今回ばかりは最後まで見てしまいました。

過去の作品とは全く「質」を異にするシン・ゴジラですが、こちらの方が現実味を帯びているからでしょうか。

謎が深まるしっぽの存在

そして、公開後も論争を生み出したしっぽの件ですが、残念ながらこのメイキング映像では説明されていません。

映画では、エンディングでしっぽがクローズアップされ、何やら人型の怪物がうごめいてるシーンがありました。

次の作品への導線となるのでしょうが、これまた気になって仕方がありません。

YouTubeには、しっぽに関する映像が少ないようですが、英語で解説している動画があるので、一度見てみて下さい。

日本のアニメや映画に関する映像ばかりをアップしている人がいるので、英語は分からなくても、映像を見ているだけで面白いと思います(圧倒的にゴジラがおおいです)。

彼のIDは、D Man1954、かなりのオタクです。

「シン・ゴジラ」のメイキング映像ですが、存分にご堪能下さい。




にほんブログ村 動画紹介ブログ いろいろな動画へ

/*目次*/