「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ原作のSF映画は少し悲しい物語




日本ではドラマにもなったこの作品。

今更説明するまでもありませんが、「小さな恋のメロディー」をそのまま大人にしたような作品です(映画「アイランド」のアクションを抜いたような作品)。

カズオ・イシグロ氏がノーベル賞に輝いたことから、この作品が再び脚光を浴びています。

今回お贈りするのは、その予告編です。

日本のドラマに関しては、それほど見る価値はないようにも思えます。

もちろん、シチュエーションは日本なので、感情移入はしやすいかもしれません。

ただ、ご紹介する映画を見た後では、いささかの違和感が残るでしょう。

スパイダーマンや、パイレーツ・オブ・カリビアンの俳優が登場することからも、大きく話題にはなりました。

小説の評価はもとより、映画もかなり好評だったように思います。

ただ、日本ではそれほどヒットしていません。

主演のケアリー・マリガンが日本ではほぼ無名なことと、アンドリュー・ガーフィールドがスパイダーマンの主演でありながらも人気薄であることが、この映画のヒットにつながらなかった原因と思われます。

興行的には大コケしましたが、文学的で映像が美しく、内容的には充実している映画です。

ぜひ、この週末にでもご覧下さい。

少なくとも、私は面白いと感じます(特にこの映画のプロットが)。




にほんブログ村 動画紹介ブログ いろいろな動画へ

/*目次*/